STYLE4社員を知る

STYLE4社員を知る

Nameワイン食堂パッチョ 店長 井坂 辰規

飲食店の中でカルチャー食を選んだ理由は?

前職は飲⾷店で店⻑だった。店舗をやめる際に声をかけてもらいそれがきっかけに。カルチャー食はこうしていきたい!という声にこたえてくれる会社。会社でこうしなさい。という職場とは違うので入社を決めた。以前は会社からこうしなさいと指示が出て、それを全うするために指示通り動いていた。

カルチャー⾷に入社する時に不安だった事は?

会社、スタッフがとても若い会社だということ。温度差を感じてしまっていた。

カルチャー⾷ならでは!といったポイントは?

やる気さえあれば、店舗の方向性などがその方向に動くこと。自分たちでこうしよう、これはどうだろうと試行錯誤してその方向を決め前に進んでいける事が一番面白い。髪型もユニホームも堅くなく、肩の力を抜いて仕事することが出来る。その分、アルバイトのスタッフやお客さんとの距離も近く、そういった点がならではといった部分がある。全体を通してはお客さんとの距離が近く、そういった点がチェーン店や他店舗と違う。自分たちの店舗ならではの接客、サービスが提供できる。

働き始めと比べて成長したなという点は?

以前は店長をしていたが、店舗運営とオペレーションのみだった。今は今後の方向性や、メニューなども見ていかなくてはならない。ただこれが大変だというわけではなく、大変だけど方向性の検討や新ニュー作成はお店を盛り上げることにつながるのでとてもヤリガイを感じる。同じ飲食店の店長でも、会社の方針に従っているだけ(決まったメニューやマニュアルの中での)の店長とは全く違う。自分達で考えたメニューや方向性などでしっかりと結果につなげていけるようになってきたこと。

自慢したい点を1つあげるとすれば?

トップダウンの運営店舗とは違い、好きな方向、自分のお店のように店舗運営ができる。それがカルチャーショックらしさ。自分のお店ではないけど、まるで個人でやっているようなそういった感じで店舗管理などをこなすことが出来る(独立して自分の店舗をもっているような感覚で)ことが一番自慢したいこと。自分の店を持つのは大変なことだけど、ここではそういったノウハウや実際の運営を自分たちの考えで実行していくことが出来る。料理やサービスだけでなく、運営的な部分にも関わって行ける。

COMPANY

社員を知るについてもっと詳しく