STYLE4ひと 」を知る

井坂 辰規

Nameワイン食堂パッチョ 店長 井坂 辰規

トップダウンの運営店舗とは違い、好きな方向、自分のお店のように店舗運営ができる。それがカルチャーショックらしさ。自分のお店ではないけど、まるで個人でやっているようなそういった感じで店舗管理などをこなすことが出来る(独立して自分の店舗をもっているような感覚で)ことが一番自慢したいこと。

岡崎 敬

Name九州酒場 丸九 料理長 岡崎 敬

面と向かって「おいしかったよ」と話をいただけたりすることが一番うれしい。仕事終わりの仲間との「お疲れ様」に関しても、一日疲れたなという気持ちではなく、今日も一日やり切った!お疲れ様!で終われることが今のやりがい。

小林 一茂

Nameカリビアンカフェつくば店 店長 小林 一茂

いい意味で自由が多い会社。メニューの考案なども普通の飲食店ではなかなか通らない話ではあるが、カルチャーショックでは違う。現場で感じたことや考えたこと、お客さんからの要望などをすぐに意見を出すことが出来る。現場の声を発信しやすい環境も魅力。

石山 慶吾

Name串カツ,お好み焼き まっちゃん 店長 石山 慶吾

頑張った分、しっかり返ってくるお給料面ももちろんのことだが、そういった部分をしっかり見てくれているカルチャーショックの経営陣と一緒に仕事ができることにやりがいを感じている。